更新日:2015/03/27
消費者金融と聞くと、あまりよいイメージを持たない人も少なからずいることは事実です。日常生活において、スーパーや繁華街に風景に溶け込むように設置されている消費者金融のATMですが、なかなか近寄りがたい存在として認識している一般人も多いです。確かに、気軽にお金を借りることが出来るため、無計画な借入によって多重債務者になってしまうケースもあります。しかしながら、消費者金融自体は利便性が高く、上手に利用すれば安全にお金を借りることが出来るのです。貸金業においては高い利息が付くことは一般的ですが、初めての利用者に対しては気管内の利用と返済であれば無利息になるという嬉しいサービスを行なっており、評判が良いです。

また、借入の条件にあわせて上手に消費者金融業者を選ぶことが出来ます。大口の融資が必要な時、銀行であれば低金利で融資を受けられますが、消費者金融審査が厳しく、また審査にも時間がかかります。貸金業を専門に行う企業であれば、スピーディーな審査に加えて銀行よりもゆるい条件で大口融資を受けることが出来ます。確かに、高額な金利について心配する方も多いかもしれませんが、数年前にグレーゾーン金利が撤廃されて金利の上限については厳しい制限が設けられました。そのため、法外な金利を請求されることが無くなり、安心して利用することが出来るようになったのです。最近では、店舗に足を運ぶこと無く、インターネットから迅速な審査と融資を受けられます。



カードローンの審査に必要な書類


カードローンの申し込みは、原則運転免許証などの本人確認書類があれば申し込みができるのです。収入証明書は、なくても申し込みできます。ただし、必ず必要ないのかと言われると銀行系のローンであれば、100万円以上や200万円以上など高額の融資を必要とする場合は、慎重審査になりますので源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入証明を求められあることがあります。消費者金融系のカードローンは、収入証明書の提出が貸金業法という法律で提出条件が決まっています。限度額が50万円以上の場合と他社の利用残高を含めて契約する限度額との合計金額が100万円を超す場合に収入証明書の提出が求められます。そのため、必要か必要でないかはあらかじめ、自分の債務状況を把握していればわかることですので、事前に準備をしておけばスムーズに手続きをするめることができます。消費者金融系のキャッシングローンの場合は、急な出費に対応しなければならないときであっても、審査スピードがはやいので申込みをしたその日に融資を受けることもできるのです。忙しくて来店ができない方であっても、インターネットから出れば来店不要で手続きをすることができます。

カードローンの審査について